楓林舎代表からのメッセージ



  HPをご覧いただきまして、ありがとうございます
   フィールドイン楓林舎(ふうりんしゃ)のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございま
 した。 開設してほぼ14年経ちましたが、内容もあまり充実出来ないままですいません。しかしながら、
 楓林舎がどのような施設で、どのような魅力があるのかを、少しでも理解していただければ幸いです。
   HPの充実も課題ですが、施設の維持管理や観測所等の整備がどうしても優先課題で、このウェブ
 サイトの更新にまでなかなか手が回らないのが正直な所です。しかし、少しづつ季節の話題や自然情
 報等で充実させていこうと思っております。
   月1、2回程度は、楓林舎の近況等を更新したいと思います。(しばらく更新がないと、マスター倒れ
 たかと御心配をおかけすることにもなりますので。)


   <代表ということについて>
   私は、ペンションといわれるような施設では、一般的に「オーナー」といわれる存在です。しかし、自
 分から「オーナーです」ということは、ほとんどありません。確かに、「楓林舎」という名がついた建物の
 法的な所有者ですが、ただ建物を所有しているだけではほとんど意味がないと思います。
   当施設をご利用いただいたお客様が、自然や星空等を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごす
 なかで、リフレッシュしたり、休息したりして、明日へのエネルギーを蓄えてご自宅にお帰りになるという
 ような過程すべてが「楓林舎」と考えています。
   そのような「楓林舎」を応援してくださる、私を含め、すべての皆様の「代表」として、私が日々の運営
 に携わっているにすぎないと考えています。(理屈っぽくて、すいません。まあ、好きに呼んでいただいて、
 かまいません。)


  日の出光学・双眼鏡お取り扱いしています
   「日の出光学」は、ウィリアムオプティクスの日本代理店「スタークラウド」代表の宮野氏が新たに始
 めた双眼鏡専門のウェブショップです。(http://bino.hinode-opt.jp/)
   詳しくは、日の出光学のウェブサイトをご覧ください。

   双眼鏡は以下の5機種ですが、いずれもとてもいい双眼鏡です。当施設には、サンプル品がありま
 すので、実際にお手にとり、性能を確かめたうえで、ご購入いただけます。(A4、S1、B+、D1の3種は、
 販売用の製品をおくようにしております。)
   5×20という表示は、倍率が5倍で、対物レンズの口径が20mm(2p)ということです。5倍や6倍と
 いう倍率は、低倍率でよく見えないのではないかと思う方もいらっしゃるでしょうが、実際は手ブレの影響
 が少なく、視野も明るいので、とても使いやすい倍率です。双眼鏡の性能では、決して、高倍率イコール
 高性能ということではありません。

    ○Hinode 5×20−A4 ¥13,300 コンパクトで使い勝手の良い双眼鏡
    ○Hinode 6×21−S1 ¥16,900 見え味を追求した、ちょっとマニアックな双眼鏡
    ○Hinode 6×21−N1 ¥ 9,200 ハイコストパフォーマンスモデル
    ○Hinode 6×30−B+ ¥28,900 明るくシャープな見え味は、軍用双眼鏡に迫ります
    ○Hinode 8×42−D1 ¥38,900 星空観察用として企画された、日の出光学初のダハプリ
                           ズム双眼鏡。3万円代の価格で、1ランク上の性能を保持
                           しています。(2016年9月販売開始)

    *上記の価格は、送料を含まない価格です。

    *5×20は、A3からA4にモデルチェンジしました。価格は若干上昇しましたが、視野の明るさや
     コントラストが一段とよくなって、視野もより広がり、総合的に見て性能はさらに上がりました。

    *6×30はB2からB+にマイナーチェンジしました。歪曲収差の補正が、格段によくなりました。6
     ×30規格の双眼鏡は、近年K社やV社等でも販売されるようになりました。日の出光学の6×30
     は、価格は倍以上ですが、製品もまったく別物でコーティングの品質や全体の仕上がり等かなり
     上質なものとなっています。

    *8×42−C2は販売終了となりました。当施設も在庫はなく、見本品もなくなりました。後継機種と
     して、8×42−D1が販売開始となりました。

    *S1、N1は、工程の一部が国内に移ったため、コストが上昇し、販売価格も若干上がりました。
     しかし、組み込み精度も上がり、品質の向上になっていると思います。

                  

   当施設は、特定のメーカーや販売店を支持しているわけではありませんが、「高性能な双眼鏡をリー
 ズナブルな価格で販売する」良心的な姿勢に共感して、「ショールーム機能」と販売面で協力しています。
   日の出光学代表の宮野氏には、当施設をご利用いただいており、そのご縁でこのようなことが実現
 しました。

      <自然観察等には、双眼鏡が必需品>
       (市場には、高倍率を売りにした<実際はほとんど使いものにならない!>双眼鏡があふれています。
           高倍率=高性能では、決してありません。 多少高価でも、いい物を大切に長く使っていただきたいと思います。)



  フィールドイン楓林舎の近況です (ブログに代えて )

 ● 2018年の近況等です。

 ○森田童子が亡くなったらしい(6月16日記)
  楓林舎の近況とは関係のないことですが、私の記憶がざわついたことなので書き留めます。先日、森田童子
 (もりたどうじ)さんが4月に亡くなっていたという報道がありました。若い方は知らないと思いますが、彼女は40
 年程前、短期間ではあるが活動し、一部に熱狂的なファンがいた(本名を含め、プライベートを一切公表しない)
 シンガーソングライターだ。私はそこまでのファンではなかったが、ラジオから流れる彼女の歌は、何故か記憶
 に残った。今なら、なんて暗い歌なんだと批判されるだろうが、彼女が歌う孤独や絶望、悲しみは人間の持つ一
 面を、痛みを伴ったとしても、確かに描いていたと思う。25年くらい前に、テレビドラマの主題歌となり、再び光を
 浴びたが、ご本人が表に出ることはやはりなかった。
  残念ながら、浅川マキや忌野清志郎も亡くなった。しかし、山崎ハコはまだ歌っている、中島みゆきはまだまだ
 歌い続けるだろう。森田童子がどのような人生を送ったかは、全く明らかになっていないが、時には穏やかな時
 が流れる人生であってほしいと思う。ご冥福をお祈りします。

                             


 ○当地も梅雨が始まったようだ(6月11日記)
  仙台管区気象台は、昨日、東北南部が梅雨入りしたと思われると発表しました。どうやら、当地も梅雨が始ま
 ったようです。しばらくは、星空を見られない時も多くなります。しかし、木本類の花は、まだまだ楽しめますし、
 昆虫たちの活動はこれからです。
  駒止湿原の花も、これからが見頃です。針生からの進入路はまだ復旧工事が続いているの利用できませんが、
 シャトルバスによる駒止湿原プレミアムツアーを利用することや、少々遠回りになりますが昭和村からは入山出
 来ますので、今年は久しぶりに訪れてみたいものです。

                   

  当施設の周囲では、ハマナス、ハクウンボク、タニウツギ等が咲いています。


 ○春は過ぎてしまったけれど(6月3日記)
  春は過ぎてしまいましたが、私の友人、A君が『 「春の野鳥」を見に行こう!』という本を書きました。彼とは学
 生時代からの付合いですが、当時、私にバードウォッチングの手ほどきをしてくれた人物です。(その代り、彼に
 は、B.Wに使う双眼鏡やスポッティングスコープで楽しめる星空について、教えました。当時、双眼鏡でも星空
 を楽しめることを知らない方も多かったのです。)彼、A君は日本を代表するバードウォッチャーの一人であり、
 現在、日本野鳥の会の研究員として、B.Wの普及活動や環境教育についての講演等で、活躍しています。
  この本は、B.Wの解説本と言ってしまえばそれまでですが、単に識別方法の解説ではなく、野鳥の行動とそ
 の意味、見分け方のポイント、探鳥地ガイド、基礎知識等、写真や図版も多用され、B.Wに興味がある方にと
 って、より役に立つように工夫されているように思います。
  そして、平野伸明氏(1982年に、今はなき「アニマ」誌において、チョウゲンボウの生態写真でデビューした自
 然写真家)によるDVDが付いています。
  ご興味のある方は、是非、書店で手に取ってみてください。

                  


 ○サクラの花期が終わった(5月23日記)
  当地だけの話ではありませんが、今年は季節の進み方が早いようです。例年なら、6月初めまで残る周囲の
 雪も数日前に消えました。また、エゾハルゼミも、少し早く、昨日鳴きはじめました。そして、4月中旬に咲き始
 めたサクラ(当地では、ソメイヨシノではなく、山桜が主体です。)も、そろそろ終わりです。当施設の周囲で、最
 後に咲くのは、たぶんミネザクラ(漢字で書くと、嶺桜)だと思います。大木となり、華やかに咲く山桜もきれいで
 すが、山の中にひっそりと咲く、こんな桜も美しいと思います。

                  


 ○かこさとし(加古里子)氏逝く(5月9日記)
  今年は、季節の進みが早く、周辺の桜の開花は例年より10日ほど早く、すでに八重桜も花のピークを越
 えています。4月は汗ばむような暖かい日も多かったのですが、ここ数日は3月下旬のような気温で、会津
 駒ヶ岳の山頂付近は雪が降り白くなったとのことです。この急激な気温の変化は、本当に身体にこたえます。

  さて、先日、絵本作家のかこさとし(加古里子)さんがお亡くなりになったとの報道がありました。私は、特に
 絵本好きという訳ではありませんが、かなり前、村上康成さんの自然についての絵本を探していた時に、かこ
 さんの「宇宙」という絵本を、偶然みて、買ってしまいました。あとから、科学絵本の有名な作家だと知りました。
 (もちろん、科学絵本以外にも、多くの人気シリーズを書いていた作家でした。)
 この絵本は、78年に書かれており、その後、太陽系や宇宙の構造について新発見がたくさんあったため、今
 見ると少々違うなというところもあります。しかし、1匹のノミが飛ぶ距離から始まって、徐々に地球から離れて
 いき、150億光年の彼方まで話が及ぶその内容というか、本の構成は、とてもおもしろいものです。
 (現在、国立天文台のウェブサイトで公開されている「Mitaka」というシミュレーションがありますが、その基本
 的な構成は、絵本の「宇宙」と似た所があります。あまりに多いデータ量なので、高性能PCをお持ちの方なら
 ば、比較的簡単に見ることが出来ると思います。)
  現在、私たちは、進んだ科学や技術の恩恵を受けて、便利な生活を送っていますが、その割には科学離れ
 といわれるように、宇宙や自然のことについては驚くほど理解されていません。(というか、宇宙や自然ついて
 は、まだまだ分からいことだらけであるといことが、理解されていないと思います。)

 追伸:先日、偶然ですが、生前のかこさんをおったテレビ番組を拝見しました。若き日の戦争体験を忘れず、
    90歳を過ぎても、衰えない創作意欲をお持ちで、やはり並の方ではありませんでした。改めて、ご冥福
    をお祈りします。

                 


 ○ホーキング博士逝く(3月16日記)
  いろいろなメディアで報道されたのでご覧になった方も多いと思いますが、車椅子の天才物理学者として
 高名なスティーヴン・W・ホーキング博士がお亡くなりになりました。
  世界中でベストセラーとなった「ホーキング、宇宙を語る」(原題は、「A BRIEF HISTORY OF TIME」、直訳
 すれば「時の流れ、その、つかのまの歴史」といったところでしょうか。その割りに、副題は「ビッグバンから
 ブラックホールまで」という、ほとんど永遠ともいえるものなのですが。)は、30年近く前、ざっと目を通しまし
 たが、恥ずかしながら高校生の時に物理Bを挫折した身には、ほとんど理解不能な書物でした。加速度あ
 たりから訳が分からなくなった状況では、まして量子力学なんて訳が分かりません。
  ただ、「宇宙が現にあるような姿で見えるのは、もし宇宙が別の姿であったとすれば、われわれが存在し
 て宇宙を観測することはできないためである。」という人間原理といわれるほとんど哲学のような考え方は、
 妙に心に残ります。
  しかし、物理や天文学がよく分からなくても、宇宙や銀河、星雲・星団、二重星等の美しさは充分感じるこ
 とが出来ます、ほんと、ありがたいことに。

                  


 ○東日本大震災、発生から丸7年が経ちました。(3月12日記)
  3月11日、東日本大震災が発生した日、あれから7年が経ち、8年目にはいります。毎年のことですが、
 あの日のことは忘れるべきことではないと思いますので、ここに書き留めておきます。
  その時、私は、確定申告の書類を提出するため、税務署に向かう途中で、田島町のほぼ中心部の道路
 上、自動車を運転中でした。赤信号で、停車する寸前に揺れが来ました。あの重いデリカスターワゴンが上
 下に跳ねて、ハンドルを握っていることしか出来ませんでした。後ろに10トンダンプが走っていましたので、
 追突するなよ〜とヒヤヒヤしとことを覚えています。
  メインストリートといえども、古い建物が多い町ですので、町全体が揺れているように見え、人々が建物か
 ら飛び出してきて、道路際に座り込む様子が見られました。私は、関東大震災がついに再び起こってしまっ
 たかと思いました。(地元の多くの方は、宮城県沖地震がまた起きたと思ったそうです。)書類を提出した後、
 当施設に戻りましたが、幸いにも被害らしい被害はありませんでした。
  しかし、TVやFMのスイッチを入れて、本当に驚きました。余震も続くし、予想を超える規模の地震でしたし、
 そしてリアルタイムで映し出される津波の映像は、本当にショッキングなものでした。これは、阪神大震災を
 はるかに上回る大災害になると思いましたし、直感的に原発危ないかもと感じました。
  東京の兄との間で、短いEメールのやりとりで無事を確認した後、固定電話も携帯電話も全て不通となり
 ました。しかし、何故か光ケーブルは無事で、インターネットを見ることが出来たのは、幸運でした。だいくら
 スキー場は翌日から営業を休止し、このような事態ですので、ご予約もすべてキャンセルとなりました。
  その後、原発が水素爆発して、放射性物質が拡散し、福島県特に浜通り地域の状況は一層きびしくなり
 ました。そして、多少は改善されたと思いますが、原発事故の影響はずっと続いています。
  当地は、放射性物質による汚染や余震による災害の発生という面では、東京よりもはるかに安全な場所
 ということもあり、しばらくして連絡出来るようになった東京の兄からは「もし、関東大震災クラスの地震が誘
 発されて、東京が壊滅的な状況になる中、もし生き残ったらそこに避難するから、おまえは楓林舎を死守し
 ろ。」といわれ、覚悟しました。そして、東京に戻れたのは、約3ヶ月後、状況が少し落ち着いてからでした。

  7年の時が経ちましたが、困難な状況に置かれた人々は、まだまだ沢山いらっしゃいます。当地のような
 安全な場所でも、福島県内ということで、減ってはいるものの、未だに風評被害は存続しているようです。
  あらためて、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。


                  

  上の画像は、先月、お亡くなりになった石牟礼道子さんの「苦海浄土」です。何故、3.11に石牟礼道子
 さんなのかといえば、石牟礼道子さんの誕生日は偶然にも3月11日です。「苦海浄土」は若い時に、文庫
 本で読み始めたのですが、途中で挫折したままになっている作品です。その後、書き加えられて、全三部
 となりましたが、生きているうちに読むべき本だと思っています。
  石牟礼さんと宮脇昭さんの対談集の中では、水俣における森作りだけではなく、大震災被災地における
 森作りについても、宮脇さんによる提言がなされています。水俣病の原因企業であるチッソと原発事故の
 当事者である東京電力、近現代の経済発展の中で起きた事象という意味では、公害と原発事故の違いは
 あれど、何か共通な構造があると思います。


 ○立春はつかのまの穏やかさ(2月5日記)
  今年の冬は、報道されているように、度重なる強い寒波の襲来で、越冬は本当に大変す。1月下旬の大
 寒波では延べ1m以上の降雪があり、積雪はいっきに増えました。当然、除雪作業が連日続きます。1日、
 3〜4時間、除雪作業をやりましたので、身体のあちこちが筋肉痛となります。
  今年の立春は2月4日、寒波と寒波の合間の穏やかな朝となりました。週末がこんなに穏やかなのは、
 今年初めのことでした。(雪質もパウダースノー状態で、だいくらスキー場にいらしたお客様はとても楽しめ
 たようです。)しかし、もう次の寒波がやってきます。毎回思いますが、天気の神様、本当に身体が保ちそう
 にないので、雪は少なめでお願いします。

                  


 ○阪神・淡路大震災、発生から23年が経ちました(1月18日記)
  ここ数日、天候は比較的穏やかで、降雪は少ない状況です。しかし、来週は大寒波の襲来が予報されて
 おり、覚悟が要りそうです。天気の神様、身体が保ちそうにないので、雪は少なめでお願いします。

  さて、阪神・淡路大震災の発生から23年が経ちました。当時のことは、自分の置かれていた状況を含め、
 忘れるべきではないと思っていますので、毎年のことですが、ここに書いています。
  当時、私は、人生で初めての、倒れた状態でした。過労とストレスが原因だと思われますが、心臓は不整
 脈の連続、肝機能もひどく、過労死に向けて一歩踏み出した状態で、身体がまともに動かなくて、時々は会
 社に行って残った仕事をしていましたが、自宅で療養中でした。
  そんな中、大震災は発生しました。朝、FM放送で知り、テレビをつけて、本当に驚きました。そして、関西
 にいる知人達の無事を祈りました、というかそんなことしか出来ませんでした。時として顕在化する、地球の
 持つ巨大なエネルギーの前では、人間の存在など小さなものだと感じました。
  改めて、大震災でお亡くなりになった方々のご冥福を、お祈りします。

                  


 ○あけましておめでとうございます(1月4日記)
  2018年となりました。昨年も、多くのお客様に御利用いただき、ありがとうございました。今年も、よろしく
 お願い致します。
  当施設代表、相当、くたばってきましたので、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、少しペースを落とし
 たいと思います。冬は、宿泊施設としての業務に加えて、越冬に伴う除雪等の作業が加わり、高齢者目前
 の身としては本当に大変です。

                  


 ● 2017年の近況等です。

 ○クリスマスだけど、やっぱり考えてしまう(12月24日記)
  クリスマスイブです、個人的には何もやりません、若い時にはクリスマスにかこつけた飲み会に参加した
 こともありますが、子供の頃からどこか違和感を感じてきた身としては、キリスト教徒ではないし、訳の分
 からないクリスマス宴会?に参加したいとは思いません。といっても、ご家族でささやかなクリスマスを楽し
 むことまで、否定的な訳ではありません。
  クリスマスの経済効果は一説には7000億円?とかいわれますので、ケーキ屋さん以外にも、ビジネス
 チャンスとばかりに、いろいろと商売するのは正常なことというべきでしょう。バブル期のようなバカ騒ぎは
 少なくなったように思いますが、キリスト教徒でなくても、クリスマス本来の意味(キリストの誕生と、多くの
 民族にみられる冬至の祭=太陽の再生を祝う祭が融合したとの説が有力のようです))を思い起こしてほ
 しいものです。
  世界は、キリスト教徒だけのものではないし、もちろん、イスラム教徒やヒンズー教徒、仏教徒だけのも
 のではないはずなのに、宗教の違いに起因した紛争がやまないのは、人類に根本的な欠陥があるのか
 もしれません。
  クリスマスの夜くらい、世界中の人々が平安な時を過ごせますように。祈ることしか、出来ませんが。

                  


 ○今年の越冬は、大変そうだと思う(12月16日記)
  当地だけのことではありませんが、今年は寒波の訪れが早く、寒い日が続いています。先日、12日から
 始まった、この冬最初の寒波では、2晩で60〜70pの降雪があり、一気に積雪が増えました。この雪が、
 この冬の根雪となるでしょう。これだけ降ると、当然のことながら、除雪作業に追われます。確実に、歳を重
 ねていますので、体力的にきつい作業となります。
  ここ数年、毎年思うことですが、何とか、生きて春を迎えたいと切に願います。

                   
                       (雪で覆われた車は、掘り出す感じです。)


 ○初雪が舞いました(11月18日記)
  例年、11月下旬に初雪になることが多いのですが、今年は少し早い初雪です。15日の深夜、雨が雪に
 変わり、16日の朝には、周辺や葉の上がうっすら白くなりました。しかし、天気予報によると、これから一
 段と強い寒波が来るそうです。まだ、根雪にはならないと思いますが、多少の積雪があるでしょう。まだ、冬
 仕度はまったく終わっていません、困ったものです。

                   


 ○霜の降りる頃となりました(11月10日記)
  今年の立冬は11月7日、冬の始まりです。当施設での初霜は、たぶん11月6日の朝だったと思います。
 ここしばらくは、明け方晴れていると、霜が降りるような日々が続きます。そして、まとまった降雪にはなる
 ことは滅多にありませんが、例年、下旬には初雪が舞うことになります。
  相変わらず、天候不順の日が多く、越冬準備は遅々として進みません。来週末は、新月期ですが、現
 時点の天気予報は雨(もしかしたら、雪が混じる?)です。新月期は天気が悪く、何故か満月期は晴れる
 傾向が続いています。天気の神様、本当に助けてください。

                   


 ○今年の秋は、本当に天候不順なので、困ってしまう(10月30日記)
  当地だけの話ではありませんが、今年は、9月も天気の悪いの日が多かったですが、10月も同じような
 状態です。10月の後半、新月期からの2回の週末が台風襲来なんて、あんまりです。こんな天候不順の
 連続なので、アマ天のお客様はほとんど星が見えないし、屋外での作業も出来ません。
  なので、毎年のことですが、薪ストーブの手入れ等屋内で可能な作業をやっています。また、中頃には、
 冬囲いの設置作業も待っています。11月は、例年、お客様は少ないのですが、越冬準備に関連する作
 業が沢山あり、それなりに多忙な期間となります。

                   
                (薪ストーブは、天板を外して、溜まった灰を除いたり、触媒周りを掃除します。)


 ○中秋の名月は、薄雲の向こう(10月5日記)
  各種の報道がありましたが、10月4日は中秋の名月の日でした。しかし、この晩の月は、まん丸の満月
 ではありません。(少し欠けていることに、気が付いた方も多いと思います。)
  中秋の名月は、旧暦の8月15日の月のことをいいますが、旧暦(月齢を元にしたひと月は29.5日)と
 新暦の差や月の地球を回る軌道(楕円)が原因で、満月ではなくても中秋の名月となることがあるのです。
 10月の本当の満月(月が地球を挟んで太陽と正対し、月の全面に太陽光が当たる状態)は、6日の3時
 40分となります。
  正直なところ、満月やその前後の月は明る過ぎて、星見には邪魔な存在ですが、たまには今回のような
 薄雲を通しての月も、それはそれでいいものです。

                   


 ○稲刈りが始まった(10月1日)
  いつのまにか、10月になってしまいました。それなりに年齢を重ねてきた身ですので、そんな感じです。
 田島地域の田圃は、黄金色に色づいてきました。生まれも育ちも東京の私にとって、秋の田圃の美しさを
 実感したのは、当施設の運営を始めてからです。少し西に傾いた日の光を浴びている田圃は、本当に美
 しい秋の光景の一つだと思います。
  早い所では、稲刈りがはじまっています。稲にとっては、この夏はよくない天候が続きましたが、せめて
 平年並の収穫になってほしいと思います。

                   


 ○昆虫たちが消えていく(9月28日記)
  北海道から初雪のニュースが届きましたが、9月も下旬になると、朝晩、特に夜明けには10℃前後にまで
 気温が下がる日が増えて来ます。こんな肌寒い日が続くと、虫たちの姿がどんどん消えて行きます。先日、室
 内の電灯に誘われて、一匹の蛾、ヤママユガ科のクスサンが飛んできました。今年は、個人的にとても美しい
 と思っている同じ科のオオミズアオを見ることがありませんでしたし、これが最後のヤママユガ科の飛来だと
 思います。
  今年は、夏の天候不順が影響したのか、蝶もトンボも甲虫類も個体数が少なかったと感じています。まあ、
 こんな年もあるのでしょう。当地は、まもなく、紅葉のシーズンを迎えます。

                   


 ○藪内さんの原画展を見てきた。(9月8日記)
  先日、会津若松に用事があり、その後、喜多方に足を伸ばして、喜多方市美術館で開催されていた「藪内
 正幸原画展」を鑑賞してきました。藪内さんは、どうぶつ画家として知られた方ですが、ベテランのバードウオ
 ッチャーにとっては「最高の野鳥イラストレター」といった方がいいでしょう。展示されていた原画は、精緻な筆
 使いですばらしく、ほぼ原寸大で書かれたオオワシは圧倒的な迫力でした。
  私は、30年くらい前のことですが、北海道の根室にあるお客様のほとんどがバードウオッチャーという、少
 々おかしな宿(F荘・当施設もかなりおかしな宿ですが・・・)で、藪内さんとご一緒したことがあります。このF荘
 で過ごした数日間は、今でも、とてもいい思い出です。F荘の名物オヤジであったTさんも藪内さんも、残念な
 がら既にこの世にはいらっしゃいません。残念なことですが、それよりもステキな方々にお会いできたことに
 感謝するべきだと思います。
  なお、藪内さんの個人美術館は山梨県にあります、機会を作って、生きている内に訪ねたいと思います。

           
               (ポスターやポストカードを購入しました。近いうちに、館内に飾ろうっと。)


 ○秋の花が咲いています。(9月1日記)
  本当におかしな夏でした。当地は、標高800mですので、もともと猛暑が続くということはないのですが、今
 年はカラッと晴れた日はほとんどなく、変に湿度だけが高い日が続いたかんじです。ずっと天候不順で、当地
 らしい濃淡の分かる天の川が観られた夜は、僅かでした。
  楓林舎の周りでは、既に、萩やキク科の花など秋の花々が咲いています。この秋、少しは天高くといえるよ
 うな秋晴れになってほしいと、切に思います。

                  

  追記:下記のコラムで触れた、アメリカ皆既日食ですが、天候に恵まれて、当施設のお客様方も皆さん美し
     いコロナを観ることが出来たようです。


 ○アメリカ日食が迫りました。(8月21日記)
  日本時間では、明日22日の午前4時頃に、アメリカ合衆国では皆既日食が見られます。当施設のお客様
 も、たぶん20名近くの方がアメリカに遠征しているはずです。
  そんなお客様の一人から、「楓林舎の軒先にでも、てるてる坊主を作って、好天を祈ってください(笑)。」と
 のEメールをいただきました。そこで、今日の午後、何十年かぶりにてるてる坊主を作ってみました。そうした
 ら、夕方みごとに雷雨となりました。(その後、天候は回復し、薄雲越しに、星が見えていますが。)
  皆さん、それ相当の旅行代金を使っての遠征です。山火事の煙や、雲にじゃまされることなく、美しいコロナ
 が見られるよう、好天を祈ります。(かつて、私はタイで皆既日食を見ましたが、黒い太陽の周りに広がるコロ
 ナは本当に美しく、忘れることの出来ない思い出です。)

                  
                     (闇夜に浮かぶ?少々気味の悪いてるてる坊主君)


      代表からのメッセージの最後に 

           春は、新緑のブナ林や駒止湿原の花々を楽しみに
 
             夏は、避暑地として休養に、きれいな星空を楽しみに

                秋は、紅葉の山々と地元の収穫を楽しみに
   
                   冬は、さらさらパウダースノーを楽しみに

          自然好きな方、ひたすらのんびりとしたい方

              最近、きれいな星空や天の川なんて見てないなという方

                  近頃疲れが貯まって、リフレッシュしたいなという方

                      森を散歩したり、湿原で風にふかれてみたい方


              < 皆様のご利用を、こころよりお待ち申し上げます >