楓林舎代表からのメッセージ



  HPをご覧いただきまして、ありがとうございます
   フィールドイン楓林舎(ふうりんしゃ)のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございま
 した。 開設してほぼ12年経ちましたが、内容もあまり充実出来ないままですいません。しかしながら、
 楓林舎がどのような施設で、どのような魅力があるのかを、少しでも理解していただければ幸いです。
   HPの充実も課題ですが、施設の維持管理や観測所等の整備がどうしても優先課題で、このウェブ
 サイトの更新にまでなかなか手が回らないのが正直な所です。しかし、少しづつ季節の話題や自然情
 報等で充実させていこうと思っております。
   月1、2回程度は、楓林舎の近況等を更新したいと思います。(しばらく更新がないと、マスター倒れ
 たかと御心配をおかけすることにもなりますので。)


   <代表ということについて>
   私は、ペンションといわれるような施設では、一般的に「オーナー」といわれる存在です。しかし、自
 分から「オーナーです」ということは、ほとんどありません。確かに、「楓林舎」という名がついた建物の
 法的な所有者ですが、ただ建物を所有しているだけではほとんど意味がないと思います。
   当施設をご利用いただいたお客様が、自然や星空等を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごす
 なかで、リフレッシュしたり、休息したりして、明日へのエネルギーを蓄えてご自宅にお帰りになるという
 ような過程すべてが「楓林舎」と考えています。
   そのような「楓林舎」を応援してくださる、私を含め、すべての皆様の「代表」として、私が日々の運営
 に携わっているにすぎないと考えています。(理屈っぽくて、すいません。まあ、好きに呼んでいただいて、
 かまいません。)


  日の出光学・双眼鏡お取り扱いしています
   「日の出光学」は、ウィリアムオプティクスの日本代理店「スタークラウド」代表の宮野氏が新たに始
 めた双眼鏡専門のウェブショップです。(http://bino.hinode-opt.jp/)
   詳しくは、日の出光学のウェブサイトをご覧ください。

   双眼鏡は以下の5機種ですが、いずれもとてもいい双眼鏡です。当施設には、サンプル品がありま
 すので、実際にお手にとり、性能を確かめたうえで、ご購入いただけます。(A4、S1、B+、D1の3種は、
 販売用の製品をおくようにしております。)

    ○Hinode 5×20−A4 ¥12,800 非常にコンパクトで使い勝手の良い双眼鏡
    ○Hinode 6×21−S1 ¥16,200 見え味を追求した、ちょっとマニアックな双眼鏡
    ○Hinode 6×21−N1 ¥ 7,800 ハイコストパフォーマンスモデル
    ○Hinode 6×30−B+ ¥27,090 明るくシャープな見え味は、軍用双眼鏡に迫ります
    ○Hinode 8×42−D1 ¥38,900 星空観察用として企画された、日の出光学初のダハプリ
                           ズム双眼鏡。3万円代の価格で、1ランク上の性能を保持
                           しています。(2016年9月販売開始)

    *上記の価格は、送料、手数料、消費税を含まない価格です。

    *5×20は、A3からA4にモデルチェンジしました。価格は若干上昇しましたが、視野の明るさや
     コントラストが一段とよくなって、視野もより広がり、総合的に見て性能はさらに上がりました。

    *6×30はB2からB+にマイナーチェンジしました。歪曲収差の補正が、格段によくなりました。6
     ×30規格の双眼鏡は、近年K社やV社等でも販売されるようになりました。日の出光学の6×30
     は、価格は倍以上ですが、製品もまったく別物でコーティングの品質や全体の仕上がり等かなり
     上質なものとなっています。

    *8×42−C2は販売終了となりました。当施設も在庫はなく、見本品もなくなりました。後継機種と
     して、8×42−D1が販売開始となりました。

    *S1、N1は、工程の一部が国内に移ったため、コストが上昇し、販売価格も若干上がりました。
     しかし、組み込み精度も上がり、品質の向上になっていると思います。

                  

   当施設は、特定のメーカーや販売店を支持しているわけではありませんが、「高性能な双眼鏡をリー
 ズナブルな価格で販売する」良心的な姿勢に共感して、「ショールーム機能」と販売面で協力しています。
   日の出光学代表の宮野氏には、当施設をご利用いただいており、そのご縁でこのようなことが実現
 しました。

      <自然観察等には、双眼鏡が必需品>
       (市場には、高倍率を売りにした<実際はほとんど使いものにならない!>双眼鏡があふれています。
           高倍率=高性能では、決してありません。 多少高価でも、いい物を大切に長く使っていただきたいと思います。)



  フィールドイン楓林舎の近況です (ブログに代えて )

 ● 2017年の近況等です。

 ○花が一斉に咲き始めた(5月9日記)
  今年のGWも、何人ものお客様に御利用いただきました、ありがとうございます。GW営業の後片づけも終わ
 り、やっと一段落しました。少々疲れましたので、しばらく休養を優先したいと思います。
  そんな状況ですが、GW中に標高800mの当地も、コブシやヤマザクラが一斉に開花しました。田島町中心
 部より1週間程度遅い開花です。これから、森は急速に新緑となり、様々な緑色(単に黄緑色などといっては
 いけません、若草色、萌黄色、鶯色、利休色・・・多様な色に満ちあふれます。)がとても美しく感じられるよう
 にまります。

          

                               


 ○シメの北帰行かな(5月1日記)
  先日、シメの20羽くらいの群れが、当施設を訪れました。この鳥は、青森や北海道では繁殖し、春の渡りの
 前には群れを作るといわれていますので、そんな群れが通過したものと思われます。カエデ科の種子を食べる
 ということなので、雪の上に落ちている種子を探しているのかもしれません。こんなふうに、餌を食べながら、北
 海道あたりに向かうのでしょう。
  こんな様子の野鳥を観察できるのも、春から初夏への移行期である、この時期ならではのことです。

                   


 ○バードウォッチングの季節到来(4月25日記)
  下記のように十日前は雪が降っていたのですが、 ここ数日、当地も暖かい日が増えてきました。木々の芽
 生えも、ヤナギ科の木を筆頭に始まりました。そして、夏鳥たちの飛来も始まりました。18日にウグイス、24日
 にセンダイムシクイの初鳴きに気が付きました。
  野鳥のなかには、托卵(たくらん)という行動をする種がいます。これは、種の異なる野鳥の巣に卵を産み付
 けて育ててもらうというおかしな習性?です。日本で繁殖するカッコウ科の4種(カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、
 ジュウイチ)は托卵しますが、ツツドリは主にセンダイムシクイに、ホトトギスは主にウグイスに托卵するといわ
 れています。そのような托卵相手がやってきたので、その様子を見に来たのでしょうか、ツツドリ(少し大きく見
 えたので、ツツドリだと思います。鳴けば、即わかるのですが。)も飛来しました。
  これから葉の茂りきる5月下旬頃までは、野鳥の姿が観察しやすく、バードウォッチングの好機といえます。

         

                               
                      (冬の間、もう少し標高の低い所へ移動していたと思われるアカゲラも帰って来ました。)


 ○なごり雪だと思う(4月14日記)
  関東地方では、桜も散ったあるいは散り始めだと思いますが、当地では寒の戻りで、雪が降りました。13日
 の朝から午前中、短時間ですが時には吹雪状態で雪が舞い、地面が白くなりました。午後から、天気は回復
 傾向で、明日からは気温も上昇していく予報です。
  この雪が、この冬最後の雪だと思います。当地も、やっと春本番となり、これから木々の芽吹きを迎えます。

                   


 ○ノスリが飛び始めた(4月5日記)
  当地も気温が上がり始めて、やっと冬が終わったようです。当地では、ノスリやオオタカが繁殖していますが、
 先日2羽のノスリが上空を飛びました。冬の間、低地に移動していたと思われるノスリが帰ってきて、繁殖準備
 を始めたのかもしれません。
  これから、野鳥たちの活動も活発化していきます。例年、GW頃にはオオルリやキビタキ等の夏鳥が飛来しま
 す。今年は残雪が多いので、少し遅れるかもしれませんが、無事に渡ってきて欲しいものです。

                   
                        (慌てて撮ったので、ピンボケの証拠写真です。)


 ○晩冬の湿った雪(3月28日記)
  東京では桜の開花宣言がありましたが、当地はまだ冬です。さすがに真冬日はなくなりましたが、夜は氷点
 下となります。26日の夕方から弱い雨が降り始め、それが霙(みぞれ)から雪に変わり、27日の午前中には
 30p近い降雪となりました。一時、大雪や着雪注意報もでて、こういう状況になると、除雪作業をするしかあ
 りません。この時期特有の湿った重い雪なので、除雪機を使ったとしても、かなり大変な作業となり、それなり
 に疲れます。
  しかし、こんな雪が降るのは、春が近づいた証です。まもなく、越冬が終わります。(というか、終わらないと、
 ほとんど過労状態の身が本当に保ちません。)

                   


 ○東日本大震災の発生から6年が経ちました(3月12日記)
  東日本大震災の発生から、6年が経ちました。当地(南会津)は、放射性物質による汚染もほとんどなく、客
 観的に見て、東京より安全な場所ですが、それでも福島県ということで、一部に風評被害は存続しているよう
 です。
  阪神大震災時と同じで、忘れるべき状況ではないと思っていますので、毎年のことですが、あの日のことを
 備忘録的に書いています。
  地震発生時、私は田島町中心部の路上にいて、車を運転中でした。たまたま、赤信号で停車中に、地震は
 発生しました。古い木造やビルが多いこともあってか、町全体が揺れて見えました。建物から人が飛び出して
 きて、車も上下に跳ねました。私はとうとう関東大震災が来てしまったかと思いましたが、地元の方は宮城県
 沖地震がまた来たかと思ったそうです。
  確定申告の書類を出しに行く途中でしたので、揺れが収まった後、税務署に行って、書類を提出し、すぐに
 当施設に戻りました。幸いにも、被害らしい被害はなく、棚から落ちた物も僅かでした。日頃、あまり見ないテ
 レビをつけて、本当に驚きました。リアルタイムで報道される津波の映像はあまりに驚異的で、これはとんで
 もない被害が発生すると思いました。(実際は、想像以上の被害でしたが。)だいくらスキー場は、翌日から営
 業を停止し、(当然のことですが)いただいていたご予約もすべてキャンセルとなりました。
  そして、原発事故が起こり、安全神話は崩壊しました。(本当かどうか分からないから神話であるはずなの
 ですが、人間が勝手に信じていたのだと思います。)その後の福島県の混乱は、ご存じの通りで、その混乱
 は、少しは落ち着いてきたと思いますが、未だに続いていると思います。よく、安全と安心は違うという議論
 がありますが、客観的な検証なしに危ないと判断され、それがおかしな風評を生んでいるように思います。
  あらためて、大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

                    
                    いわき市出身の若き社会学者、開沼博氏の著作です。
                        膨大な調査研究やフィールドワークに裏打ちされた著作で、関心しています。


         「はじめての福島学」(2015年3月発行)のなかに「福島へのありがた迷惑12箇条」というページがあります。
         かなり的確な指摘だったと思いますので、ご紹介します。


          1.勝手に「福島は危険だ」ということにする
           2.勝手に「福島の人は怯え苦しんでいる」ことにする
           3.勝手にチェルノブイリやら広島、長崎、水俣や沖縄やらに重ね合わせて「同じ未来が待っている」的な
            適当な予言してドヤ顔

          4.怪しいソースから聞きかじった浅知恵で、「チェルノブイリではこうだった」「こういう食べ物はだめだ」と
             忠告・説教してくる
           5.多少福島行ったことあるとか知り合いがいるとか程度の聞きかじりで、「福島はこうなんです」と演説始める
            6.勝手に福島を犠牲者として憐憫の情を向けて、悦に入る
           7.「福島に住み続けるざるを得ない人々」とか「なぜあなたは福島に住み続けるのか」とか言っちゃう

           8.シンポジウムの質疑などで身の上話や「オレの思想・教養」大披露を始める
            9.「福島の人は立ち上がるべきだ」とウエメセ意識高い系説教
          10.外から乗り込んできて福島を脱原発運動の象徴、神聖な場所にしようとする
          11.外から乗り込んでくることもなく福島を被爆回避運動の象徴、神聖な場所にしようとする
          12.原発、放射線で「こっちの味方か?敵か?」と踏み絵質問して、隙を見せればドヤ顔で説教


 ○吹雪は、野鳥たちも大変かもしれない(2月28日記)
  明日から、3月です。当地の厳しい冬の中でも、一番厳しい時は過ぎたように思います、というか、そうであ
 って欲しいと思います。今日は穏やかな日ですが、先週の初めは猛吹雪でした。
  吹雪が終わって、除雪作業をしようとした際に、冬囲いの内側、玄関前に野鳥の足跡が残っているのに、気
 が付きました。種類はわかりませんが、厳冬期に給餌しているヒマワリの種等を食べに来ているシジュウカラ
 の可能性が高いと思います。
  人間だけではなく、野鳥にとっても、当地での越冬は本当に厳しいと思います。

                    


 ○真冬の虹(1月31日記)
  1月中旬の強い寒波ほどではありませんが、大寒から節分、立春にかけては、必ず寒波がやってきます。し
 たがって、相変わらず、除雪の日々です。そんな状況ですが、30日の日中は気温が上がり、標高800mの
 当地でも小雨となりました。また、霧も発生したのか、朝まだ低空にある太陽の光が、西側に虹を作りました。
 淡い灰色の雲を背景にした虹のアーチは、ちょっと不思議で美しい光景でした。
  当地での越冬は本当に大変ですが、こんな瞬間を体験できるのが、ささやかな心のリフレッシュとなります。

             


 ○阪神大震災から20年以上経ちました。(1月18日記)
  昨日は、阪神淡路大震災が起きた日でした。当時の状況は、自分のことを含めて、忘れるべきではないと
 思っていますので、毎年のことですが、備忘録的に書いています。
  一昨年も体調を崩し、倒れていましたが、阪神淡路大震災当時も自宅療養中でした。その前年に、過労と
 ストレスが限界に達し、心臓は不整脈の連続、肝機能もひどい値で、ドクターからは身体が疲弊しているとい
 われ、即刻入院を勧められる状況でした。(担当していた仕事もあり、時々会社にもいっていたので、入院は
 しませんでしたが。)
  その朝、テレビのニュースを見続け、関西にいる友人、知人達の無事を祈るばかりでした。というか、まとも
 に身体が動かない、だるさの固まりで動けない状況でしたので、そんなことしか出来ませんでした。

  その後も、中越地震、東日本大震災、熊本・大分地震、鳥取地震等があり、異常気象に起因する災害も多
 発しています。そんな災害が多発する国ですが、そのような問題について学べる機会は、とても少なくなって
 いるように思います。地層や地質、気象、天文等について学べる「地学」という科目がありますが、受験に関
 係ないのか、高校で「地学」を学ぶ機会がほとんどない状況が続いているようです。
  こんな国に生きるからこそ、災害の起因についても学べる「地学」を学ぶべきだと思います。

  大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。


 ○久々の強い寒波で、倒れそう。(1月15日記)
  各種の報道でご存じだと思いますが、数年に一度という強さの寒波です。大雪注意報(時に、警報)のほか、
 なだれ、低温、着雪の各注意報が出続けており、積雪はいっきに1m以上増えました。(山一つ越えた南郷地
 区では1.4m、檜枝岐では2mを超えているそうです。)ここ数日、除雪作業しかしていない感じで、身体は過
 労寸前、ヘロヘロです。(この記事を書いているのですから、まあ生きてはいますが・・・。)昨シーズンは暖冬
 で降雪は少なく、今シーズンもこの寒波襲来までは暖冬傾向でしたので、いきなり、この降雪量とそれに伴う
 除雪作業の連続は身体に応えます。
  それでも、スキー場にとっては恵みの雪で、ゲレンデはだいくらスキー場らしい良い状態になっています。(一
 部のゲレンデは、整備が追いつかず、ふわふわのままらしいですが。)
  これだけの寒波になると、必ずといっていいほど、除雪作業中の事故でお亡くなりになる方がいます。ほとん
 どの場合、高齢者ですが、私にとっても他人事とはいえない状況ですので、注意深く作業を行い、生きて春を
 迎えたいと思います。

            
                    15日の午前中、短時間ですが青空が広がりました。一面の銀世界です。


 ○明けまして、おめでとうございます。(1月2日記)

  明けまして、おめでとうございます。当地は、今のところ、雪は少なめで、おだやかな元日となりました。もっと
 も、このままで終わる訳はないので、寒波が襲来してドカ雪となることは、覚悟していますが。
  今年は、今後を考え、満月期に休館日を設ける等、少しペースを落とそうと思います。当施設の後継者とな
 って以来、ほとんど休みなく働いてきましたので、少々疲れています。高齢者予備軍である私が、当施設を少
 しでも長く運営するための方策と思いますので、勝手ながらご容赦ください。
  今年も、御利用をお待ち申し上げます。

                 



 ● 2016年の近況等です。

 ○明日はクリスマスイブ、また少し考えてしまう(12月23日記)

  2016年も多くの御利用をいただき、本当にありがとうございます。お陰様で、当施設を何とか存続すること
 が出来ました。

  この時期、毎年書いてしまいますが、12月後半から新年にかけての一連の行事?、天皇誕生日、クリスマ
 ス、除夜の鐘、神社への初詣という、宗教という視点から見ればほとんどハチャメチャで不思議で、一部にひ
 んしゅくを買うようなバカ騒ぎの出現を含めた数日間に、やはり違和感を感じてしまいます。
  さらに、近年はハロウィンというさらに訳のわからないお祭り?が加わり、いっそう混乱状態になっているよう
 に思います。ハロウィンはケルト民族の秋の収穫祭を起源とするものですが、今の日本で独特な?展開を見
 せるハロウィンっていったい何?と思っていますが、かの藤原新也氏は以下のような考察をしています。個人
 的には、かなり本質を突いているなと思っています。
  
  (前略)ハロウィンは、アメリカにおいては個人を消すことによって他者と繋がるという機能を果たし、日本に
 おいては消された個人を取り戻す行事として機能しているということである。
  (中略)ニッポンハロウィンは消された私を取り戻すためにアバターに変身し、”私個人”ではなくキャラクター
 によって人との繋がりを求めるという複雑怪奇社会現象であり、その意味において、世界のハロウィンの中に
 おいても特異な位置を占める個性豊かな行事として、私個人は評価するのである。
                          藤原新也「ニッポンハロウィンに思う」 : トリーノ2015冬号より

                 

  今年も世界各地で紛争やテロが、勃発しています。信教や民族の違いが、紛争や戦争の原因にならない
 ように、世界に1日でも多く平穏な日々が訪れるように、祈ることしか出来ませんが。自然や社会に、「違い」
 や「多様性」は絶対に必要な要素だと思います、排除や殲滅(せんめつ)では何も解決しません。

  少しずつ世界が壊れていくような気がします、膨大な費用やエネルギーを使い、多くの犠牲者をうんだ2度
 の世界大戦や度重なる戦争から、人類は何を学んだのだろうか。

  シリアで殺害されたジャーナリスト後藤健二氏は、次のような言葉を残していたと思います。
           「戦争しか知らない子供は、戦争しか出来ない大人になる。」


 ○12月21日は冬至、夕暮れが早い(12月22日記)
   12月21日は冬至、天文学的には太陽の黄経が270°になる日です。昼間の時間が一番短い日なの
 はご存じでしょうが、暦はなかなか難しくて、この日が最も日の出が遅くて、日の入りが早い日ということで
 はありません。日の出が最も遅くなるのは、来年1月上旬中で、日の入りが最も早いのは12月初旬中とな
 ります。(といっても、冬至と数分の差ですが。)
  例年、冬至の頃はなかなか晴れないのですが、今年の冬至は久しぶりに晴れました。しかも、月は下弦
 近くですので、月が昇るまで、透明度は少し劣りましたが、きれいな星空が広がりました。そこで、証拠写真
 ぐらいと思い、超広角レンズで撮ってみました。楓林舎の向こうに広がる冬の星座で、正面に冬の大三角形
 が見えます。

            


 ○この冬、初めての大雪でした(12月18日記)
   先週末は、この冬、最初の大雪でした。15日の深夜から17日午前まで、断続的に降り続いた雪は
 深い場所で60p程度になりました。その後、毎度のことですが、膨大な除雪作業が必要となります。い
 っきにやると、かなり疲れますので、数日かけて少しづつ除雪していこうと思います。
   おかしな天気で、今週前半は、気温が上がりそうですが、すべて溶けることはなさそうで、この雪が
 この冬の根雪になるでしょう。

                  


 ○ニコン7×35Eの帰還(12月8日記)
   越冬準備はかなり進みましたが、まだ残っているので、相変わらずの日々です。そんな中、修理に
 出していた双眼鏡がニコンから帰ってきました。
   私が25年以上?使用している倍率7倍、口径35ミリの双眼鏡で、内部にカビが発生してしまった
 ため、修理を依頼していました。個人的には、この7×35という仕様が大好きで、天体観望からバード
 ウオッチング、自然観察まで最適な仕様だと思っています。
   しかしながら、この7倍仕様の双眼鏡が、市場には少なく、選択肢が少ないのが残念です。私の7×
 35Eも、かなり以前に製造中止になっています(ニコンには、別の7×35がありますが。)が、今回、レ
 ンズの清掃だけでなく、プリズムの清掃やグリーズアップ、光軸チェックもしていただいたので、そんな
 長い時間ではないと思いますが、たぶん死ぬまで使えそうです。

                  

  <追記>
  ちなみに、上記のニコン程の長期間ではありませんが、15年以上使用していたキャノン10×30ISに
 も、対物レンズ内部にカビが発生していました。(原因は、バリアングルからの液漏れ?かもしれません。)
 キャノンに問い合わせたところ、すでに新型に移行して、部品保存期間を過ぎており、修理不能という結
 果となりました。この双眼鏡は、使いつぶすしかありません。
  もうパーツが無いんですと言いつつ、25年以上経っても、何とかしてくれたニコンと、修理不能としてし
 まうキャノン、善し悪しではなく、メーカーの考え方、姿勢の違いを感じます。
  防振装置付きの古いキャノン双眼鏡をお使いの方は、修理が必要になった場合、注意した方がいいと
 思います。


 ○フユシャクが飛んできた(12月1日記)
   越冬準備が整わず、だらだらと肉体労働を続ける日々です。そんな中、風変わりな蛾がとんでき
 ました。疲れた身体には、ちょっとした息抜きになるプチ観察となります。
   昆虫に詳しい方は、よくご存じだと思いますが、蛾の中にフユシャクと呼ばれる一団がいます。この
 仲間は本当に変な奴らで、年1回文字通り、冬にだけ成虫が出現して、活動するという特異な蛾です。
 また、私は見たことがありませんが、この仲間の雌は、羽(翅という方が正しいかも)が退化して飛ぶ
 ことが出来ないようになっていて(進化といったほうが正しいかも)、木の枝にいて雄が飛んでくるのを
 待っているそうです。
  毎年、初冬の今頃、木々の間を灰色の蛾が飛んでいるのを見かけますが、たぶんフユシャクの仲間
 だと思います。しかし、見かけるたびに、実に不思議な生活様式?にたどり着いた虫だと思います。

                  
          (専門外なので、種類はよくわかりませんが、フユシャクの仲間は35種くらいいるそうです。
            ウスバフユシャク?チャオビフユエダシャク?あたりでしょうか。地味ですが、繊細な模様をしています。)


 ○この冬、初めての積雪です(11月25日記)
  東京に54年ぶりの11月の積雪をもたらした今回の寒波ですが、24日午後には、当施設周辺でも
 5p程度の積雪となりました。しかし、この雪も数日で消えてしまうでしょう。今週末からしばらくの間は、
 新月期です。(11月29日が、新月です。)したがって、もちろん晴れればですが、月明かりの影響が
 ない星空を観ることが出来ます。新月前後の週末、2回のうち、1回は晴れてくれないかなと心から思
 います。
  当施設にもお客様がいらっしゃるかもしれませんが、それよりも、今年は天候にかなり恵まれない
 アマチュア天文家の方々に、星空を楽しめる機会が1回でも多く訪れるといいなと思います。

        

                            


 ○初雪が舞いました(11月10日記)
  今週始めの寒波は、真冬並みの強い寒波だったようで、北海道や北東北のような積雪となるもので
 はありませんでしたが、当地でも昨年より1週間ほど早い初雪となりました。8日から9日午前にかけて、
 断続的に雪が舞い、まだ赤みの残る木々がうっすら白くなりました。
  また一歩、本格的な冬が近づきましたが、この雪はすぐに消えてしまいます。根雪となるような、雪が
 降るのは、近年、12月中旬頃が多いです。
  越冬準備は、まだ始めたばかり、やるべき作業が山のごとくあります。高齢者数歩手前の身にはかな
 りしんどいものがありますが、生きて春を迎えるためには、ぼちぼちですが、やるしかありません。

                  


 ○立冬です、霜が降りるようになりました。(11月7日記)
  今日は立冬(天文学的には、太陽の黄経が225°になる日)です、木々にはまだ紅葉が残りますが、
 地面には落ち葉がたくさん積もるようになりました。暦の上では冬が始まりますが、呼応するように霜が
 降りる日が増えてきました。先日は、直ぐに溶けましたが、朝の水たまりには氷が張っていました。
  このように、一歩づつ確実に冬が近づいています。天気予報では、明後日、雪がちらつくかもしれませ
 ん。この冬は、暖冬なのか多雪なのか、現時点では何ともいえないようですが、平年並みの降雪量があ
 れば充分なので、天気の神様、そのくらいでお願いします。
  冬囲いの設置等越冬準備をしなくてはいけないので、来週は休館とし、作業に集中させていただく予定
 です。

                  


 ○今年の紅葉は、鮮やかさに欠ける(11月1日記)
  当地の紅葉もピークを過ぎ、そろそろ終わりです。ことしの夏は天候不順が続き、日照が不足気味だ
 ったことが影響したのか、今年の紅葉は例年より、くすんでいて、どうも鮮やかさに欠けています。
  相変わらず、新月期の天候も悪く、いい星空が短時間見えることはあるのですが、薄明まで安定した
 晴れ間が続くことがありません。当地はもうすぐ冬を迎えます、その前に何回かは、すばらしい星空を
 見たいと思います。
  ちなみに、11月上旬はおうし座流星群が見られます。ペルセウス座流星群のような明確なピークは
 ない流星群で、11月上旬ずっと見られます。1時間あたり5個程度の出現なので、多くはないのですが、
 速度が遅く、(個人的な印象ですが、)天空を転がり落ちていく感じに見えます。

                  


 ○久しぶりに晴れたけど、月が明るい(10月17日記)
  先週末の土曜日は、本当に久しぶりに夜晴れました。週末に安定して晴れる好天となるのは、2ヶ月
 ぶり以上でしょうか。しかし、満月直前の月が煌々と輝き、まともな星空が見えません。月が低いうちは、
 うっすらと見えていた天の川も、月が昇るにつれて、その光芒のなかに消えていきました。
  たぶん、ですが、週末の夜は、全国で数千人?の天文愛好家が、月を見上げて、「久しぶりに晴れた
 のに、月が明るい〜。」と嘆いたと思います。

                  
                   (16日は満月、雲の合間から月がちらっと見えました。)

 ○秋分の日、キノコはよく分からない(9月21日記)
  今日は、秋分の日です。天文学的には、太陽の黄経が180°になる日です。(ちなみに太陽の黄経0°
 の日が、春分の日です。)前の記事でも書きましたが、暦の構造?を理解するのは、とても難しいので、秋
 本番となる日とでも思っているのが、楽かもしれません。
  そんな秋の日ですが、森ではキノコを見かけることが多くなります。先日、地表のコケを押しのけるような
 キノコが出現しました。キノコの見分けは難しく、全く自信がないのですが、ツチカブリモドキかな?と思い
 ます。毒ではないようですが、もちろん食べるようなことはしません。食べなくても、味見してみるのは、分
 類するための手段の一つのようですが、猛毒のキノコもあるので、そこまでする勇気はありません。

                  


 ○中秋の名月は薄雲の向こう(9月18日記)
  昨日17日は満月でした、そして15日は「中秋の名月」でした。あれ?中秋の名月って満月じゃないの?
 と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。中秋の名月は、旧暦の8月15日にあたる日の月で、必ずしも
 天文学でいう満月ではありません。月の満ち欠けを元にした旧暦(太陰暦)の一月は、約29.5日(平均
 太陽日)ですので、ズレが生じます。(これら暦の問題は、理解するのに、けっこう難しい問題です。)
  もともと秋雨の時期ですので天気の悪い日が多いのですが、今年も天候不順が続いています。また、
 台風がやって来そうですね。各地で大きな被害が出ないよう、祈るしかありません。
  そして、月末からの新月期には、秋晴れを期待したいと思います。

                  
                  ( 薄雲を通していますので、ピントも露出もいいかげんです。)
                       皆さんは、ご覧になれましたか?


 ○一番でかい望遠鏡がやって来ました。(9月6日記)
  9月の新月期が終わりました、8月末から、何人もの天文ファンのお客様に断続的に御利用いただきま
 した。その中で、御常連のお客様が、大口径望遠鏡をお持ちになりました。反射のドブソニアンですが、過
 去には、20センチから始まって、25センチ、30センチ、32センチ、40センチ、45センチまで拝見してい
 たのですが、今回とうとう最大の63.5センチ(25インチ)がやってきました。本当に、デカイ!ものでした。
  ただ、その夜の星空の状態がいまいちでした(6〜7/10、天の川の濃淡はわかるのですが、湿気が多
 くて背景が白っぽく、透明度が少々悪い)ので、25インチドブの持つ性能をフルに発揮出来なかったのが、
 残念でした。M天体をいくつか覗かせていただきましたが、多少条件が悪くても、M57のリングは青くてよ
 じれたように見え、M33は星雲が渦巻いているがわかりました。
  大口径の集光力のすごさを実感しましたが、その性能を十分発揮するには本当に良い状態の星空が必
 要という、大口径ならではの繊細さも感じました。
  (天文初心者や望遠鏡についての知識が少ない方は、大きい望遠鏡は常によく見えると思っている方も
 多いのですが、大口径の望遠鏡ほど、どんどん繊細なものになり、その性能を十分発揮するための条件
 はきびしくなります。)

                  


 ○ペルセウス座流星群は天候不順でした。(8月25日記)
  今年の8月も、残り少なくなりました。お客様のピークは過ぎましたが、沢山のご利用をいただき、ありが
 とうございました。かなり疲れましたので、これからしばらくは、平日は休養に努めたいと思います。
  今年も、ペルセウス座流星群の極大にあわせて、御常連の天文グループに御利用いただきましたが、
 月が沈んで、さあこれから薄明までという時に低空に雲が発生するというような天候不順で、僅かに見ら
 れたという結果に終わりました。それでも、月明かりがある中で、明るい流星を観た方もいて、それなりの
 出現はあったようです。
  お客様から、流星の写真をいただきました。出現時刻は、13日の午前2時36分頃、ペルセ群の輻射点
 近くに出現した火球(かきゅう)クラスの流星です。カメラのレンズに露が付いてしまったのが残念でしたが、
 証拠写真としては十分なものです。

            


 ○加圧ポンプが壊れた(8月2日記)
  先日、当施設の上水を供給する加圧ポンプが水漏れを起こすようになり、交換が必要となりました。7月
 末に多くのお客様がおいでになる予定でしたので、それまでにポンプ本体の交換をしてもらいましたが、さ
 らに調整が必要な状況となっていて、今日、追加工事をしてもらいました。
  それなりの費用負担が必要となりますが、8月はお客様が多い月なので、そんな時に壊れないでよかった
 と良い方に考えるしかありません。
  少しは休みたいのですが、工事代を支払うためにも、やっぱり働かなくてはなりません。

                   


 ○ホタルが飛び始めています(7月16日記)
  相変わらず天候不順が続いています。今は、満月近くですので晴れたとしても、天の川はまともに見えま
 せん。(満月と天の川が同時に見えることは、物理的にあり得ません。それほど、満月は明るいのです。唯
 一の例外は皆既月食の時で、満月が徐々に欠けていき、赤銅色となった皆既中ならば、同時に見ることが
 出来ます。)
  そんな状況ですが、ホタルが飛び始めています。当施設の周辺で見られるのはヘイケボタル、もちろん天
 然物です。出現時期は、関東平野の生息地等に比べて、1ヶ月ほど遅く、7月中旬から飛び始め、8月中旬
 頃まで見られます。夜中に、かなり高く飛ぶこともありますので、過去に「あ!流れ星!あれ?曲がった。」
 というように流星と間違えた方もいらっしゃいました。

                   
                        (2節光っているので、これはオスだと思います。)


 ○星がなかなか見えないので、虫を見る(7月1日記)
  梅雨時なので、当然のことですが、晴れません。夜晴れたとしても、短時間の晴れ間がある程度で、まと
 もに星を見ることはなかなか出来ません。
  なので、私はいわゆる「虫屋」ではありませんが、昆虫を探して、写真を撮ってみました。当地で、この仕
 事を続けて、十数年の時が経ちましたが、いろいろな自然を観察をするたびに 「この星には、人類以外
 にも沢山の生物がいて、同じ時間を共に生きている」ことを実感します。しかし、こんなことを、頭の隅に感
 じながら生きている人間は意外と少ないように思います。

         
                          (ハスジカツオゾウムシかな?)

                              
                                                 (ヒメシジミかな?)

          
                             (ヒオドシチョウかな?)


 ○当地域も梅雨入りです(6月14日記)
  昨日(13日)、東北南部が梅雨入りしたとみられる、という報道が流れました。これは、ほぼ平年並みの
 ことですが、当地域もしばらく天候不順が続く時期を迎えました。この冬は、積雪が非常に少なかったため、
 水不足です。そのため、昨年9月末のような豪雨は困りますが、せめて平年並みの雨が降ってほしいと思
 います。
  この時期、星空は見にくくなりますが、森の木々等植物の緑が一段と濃くなり、昆虫たちの姿が増えます
 ので、自然観察の楽しみが無くなるわけではありません。
  近くの池には、この時期らしいハスとヒツジグサの花が咲きました。この2種とも、人が植えた訳ではなく、
 いつのまにか根付いたものです。(たぶん、野鳥が種を運んだのかもしれません?)

          

                               


 ○南郷スキー場のヒメサユリ(6月7日記)
  私は、近くにあるキャンプ場で、夏に行われる高校生の野外実習(キャンプ)のサポートを、数年前前から
 続けています。主な担当は、星空観察と自然観察をしながらのウォーキングプログラムです。ウォーキング
 プログラムは例年、駒止湿原で行いますが、昨年9月の豪雨で湿原への道が一部崩落したため、湿原に
 行くことが出来ません。
  そこで、宮床湿原の探勝ウォークが代替案として検討対象となったため、下見にいってきました。宮床湿
 原へ行くには、南郷スキー場のゲレンデを通って行きます。実は、南郷スキー場のゲレンデにはヒメサユリ
 やニッコウキスゲがたくさん咲いているのですが、この冬は積雪がかなり少なかったため、例年より開花が
 かなり早くなりました。(ヒメサユリの群生地として有名な高清水自然公園は、これからのようですが。)
  さて、生徒達にどんな話をしようか、どんな話をしたら楽しく歩けるか、しばらく悩むことになります。

         

                              



      代表からのメッセージの最後に 

           春は、新緑のブナ林や駒止湿原の花々を楽しみに
 
             夏は、避暑地として休養に、きれいな星空を楽しみに

                秋は、紅葉の山々と地元の収穫を楽しみに
   
                   冬は、さらさらパウダースノーを楽しみに

          自然好きな方、ひたすらのんびりとしたい方

              最近、きれいな星空や天の川なんて見てないなという方

                  近頃疲れが貯まって、リフレッシュしたいなという方

                      森を散歩したり、湿原で風にふかれてみたい方


              < 皆様のご利用を、こころよりお待ち申し上げます >